助成金について

中小企業の経営者、人事担当者の方、必見です。
ハローワーク等の紹介により、求職者を継続して雇い入れる事業主に対して
賃金の一部を助成する特定求職者雇用開発助成金、非正規雇用の労働者を
企業内でキャリアアップ等を促進する取組をした場合にもらえる
キャリアアップ助成金などがございます。
事業の存続・発展のためにはこのような中小企業向けの助成金を上手に利用しましょう!

1. 特定求職者雇用開発助成金

ハローワーク等の紹介により、求職者を継続して雇い入れる事業主に対して賃金の一部を助成するものです。対象となる労働者によって助成内容が異なります。

Ⅰ 特定就職困難者雇用開発助成金

(1)概要
60歳以上65歳未満の者や障害者等の就職が困難な者を雇い入れる場合。
(2)支給額(1人当たりの支給対象期の合計額)
【短時間労働者以外】
障害者以外の対象者・・・・・・・・・・・・・・・50万円(60万円)
重度障害者等を除く身体・知的障害者・・・・・・・・50万円(120万円)
重度障害者等・・・・・・・・・・・・・・・・・100万円(240万円)
【短時間労働者】
障害者以外の対象者・・・・・・・・・・・・・・・30万円(40万円)
重度障害者等を含む身体・知的・精神障害者・・・・30万円(80万円)

※( )内は中小事業主に対する支給額です。
※支給対象期ごとに最大4回にわたって支給。

Ⅱ 高年齢者雇用開発特別奨励金

(1)概要
65歳以上の離職者を1年以上継続して雇用することが確実な労働者として雇い入れる場合。
(2)支給額(1人当たりの支給対象期の合計額)
短時間労働者以外の者・・・・・・・・・・・・・・50万円(60万円)
短時間労働者・・・・・・・・・・・・・・・・・・30万円(40万円)

※( )内は中小事業主に対する支給額です。
※支給対象期ごとに最大2回にわたって支給。
※支給対象期中に支払った賃金額が上限。
※最低賃金の減額の特例を受けている場合は減額。

Ⅲ 被災者雇用開発助成金

(1)概要
被災離職者等を1年以上雇用される事が見込まれる労働者として雇い入れる場合。
(2)支給額(1人当たりの支給対象期の合計額)
短時間労働者以外の者・・・・・・・・・・・・・・50万円(60万円)
短時間労働者・・・・・・・・・・・・・・・・・・30万円(40万円)

※( )内は中小事業主に対する支給額です。
※「支給対象期」ごとに最大2回にわたって支給。
※支給対象期中に支払った賃金額が上限。
※最低賃金の減額の特例を受けている場合は減額。
※本助成金の対象者を一定人数以上雇い入れ、継続して雇用した場合、加算あり。